コーヒー

ミニマリスト オススメの水筒 KINTO(キントー)のトラベルタンブラー

ミニマリスト オススメ KINTO(キントー)のトラベルタンブラー

浄水器で濾過した水を水筒に入れて持ち歩くようになり、ペットボトル飲料をまったく買わなくなり、節約になっています。

また、ペットボトルのゴミがなくなり、分別用ゴミ箱やゴミ袋が必要なくなりました。

水筒を持つメリット

1. ペットボトル飲料を買わなくなり、節約になる。
2. ペットボトルのゴミが出ないので、そのためのゴミ箱やゴミ袋を買わなくてよい。
3. ペットボトルは劣化し、化学物質が溶け出す可能性があり、水筒の方が安全性が高い。

そこで今回はミニマリストの私の使用しているKINTOのトラベルタンブラーについてご紹介します。

是非、水筒を持ち歩いていただけたらと思います。

 

KINTO(キントー) トラベルタンブラー 500ml

KINTO(キントー)のトラベルタンブラーは350ml500mlのタイプが販売されています。

私は500mlを購入しましたが、ちょうど良いサイズで、さまざまな季節にも対応できます。

個人的には350mlは少し容量が少ないと感じています。

他にも蓋にハンドルがついたデイオフタンブラー(500ml)もあります。

サイズ:φ74 高さ:197 容量:500mm 重さ:310g
素材:ステンレス鋼、ポリプロピレン、シリコーン
原産国:中国
保温効力:69度以上 (6時間)
保冷効力:7度以下 (6時間)
BPAフリー

 

見た目がおしゃれ

ミニマリスト オススメ KINTO(キントー)のトラベルタンブラー

シンプルなデザインで、カラーバリエーションが多いので、自分好みのモノを選べます。

カラータイプの表面には傷がつきにくいようパウダーコーティングを施され、滑りにくくなっています。

私は塗装なしのステンレスを選びました。

 

360度どこからでも飲める

ミニマリスト オススメ KINTO(キントー)のトラベルタンブラー

握りやすく、口当たりは良いです。

1方向から出ない水筒もありますが、こちらは360度どこからでも飲むことができます。

 

中身が一気に出にくい

ミニマリスト オススメ KINTO(キントー)のトラベルタンブラー

蓋のパーツは中身が一気に出ないスリット構造になっています。

この構造のおかげで、喉を詰まらせたり、氷を入れていても出てきません。

小さいお子さんにも良いかもしれません。

また、このスリット構造がほこりを入りにくくするのと、外気に触れにくくなり、保温を長く保ってくれます。

 

開けやすい

ミニマリスト オススメ KINTO(キントー)のトラベルタンブラー ミニマリスト オススメ KINTO(キントー)のトラベルタンブラー

蓋が出っぱっているので、つかみやすく、開けやすいです。

 

広口で洗いやすい

ミニマリスト オススメ KINTO(キントー)のトラベルタンブラー

飲み口部分のパーツを取ると、口が広いので、洗いやすいです。

無印良品の柄つきスポンジのフレームにマイクロプラスチックが出ないセルローススポンジをつけて洗っています。

またクエン酸を使うと、水筒に固着した斑点状のサビやざらつき・におい残りなどを取り除いてくれます。

使い方は、ぬるま湯(500ml)にクエン酸(小さじ1)を溶かし、タンブラーに注ぎ入れて、3時間ほど放置します。

時間が経ったら、入れたクエン酸の水を捨てて、水ですすぐと、綺麗になっています。

 

パーツは2つ

ミニマリスト オススメ KINTO(キントー)のトラベルタンブラー

パーツは飲み口パーツ(上の写真)と蓋(下の写真)の2つになります。

どちらともシリコンパッキンがついています。

この2つのパッキンが水漏れをしっかり防いでくれます。

替えのパッキンはAmazonでは販売されていませんでしたが、公式のKINTOのオンラインショップで販売されていました。

パッキングの値段は220円で、送料はネコポス便の275円(税込)で購入できます。

 

コーヒードリップもできる

このタンブラーはコーヒーやお茶を入れるのにも適しています。

匂いや茶渋などの汚れがつきにくいように、ボトルの内側に電解研磨を施され、表面がなめらかになっています。

コーヒードリッパーも置けるので、直接、タンプラーにコーヒードリップをすることができます。

 

持ち運びに便利

ミニマリスト オススメ KINTO(キントー)のトラベルタンブラー

リュックのサイズや自転車のドリンクホルダーに入るので、持ち運びに便利です。

 

いまいちな点

表面が黒くなる

ミニマリスト オススメ KINTO(キントー)のトラベルタンブラー

私の使用している表面が塗装なしステンレスの場合、表面が黒くなりがちです。

私は味と感じていますが、気にされる方は塗装されたモノを購入された方が良いです。

 

パーツの耐久性があるか不安

ミニマリスト オススメ KINTO(キントー)のトラベルタンブラー

飲み口パーツのスリッド部分の繋がっている4本が少し細いので、割れないか少し不安です。

1年以上使っていて、問題はないですが、耐久性が少し気になります。

しかも、この飲み口のパーツは販売されていません。

 

まとめ

KINTOのトラベルタンブラーは欠点が少なく、手放せない水筒になりました。

みなさんもこの機会にペットボトル飲料を買うのをやめて、水筒生活を始めてみましょう。

KINTOのトラベルタンブラーのポイント

1. 節約になる。
2. シンプルなデザインで、握りやすく、ちょうど良いサイズ。
3. 熱が逃げにくく、保温性が高い。
4. 口が広く、洗いやすい。
5. コーヒーやお茶を入れるのにも向いている。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ABOUT ME
かずひろ
奈良県明日香村で自然農を実施。 『素のままで生きる』をテーマに自然農、コーヒー、ミニマル・サステナブルな暮らしについて発信中。